お問い合わせ

ニュース

2022,05,24

【参加者募集中】7/13開催 サイバーセキュリティ防衛の人材育成講座(中級Level 1)

【大阪科学技術センター・スキルシステムズ()・サイバーコマンド()共催】

*プログラム提供・運営

デジタル技術の活用(DX)が世界的に加速し、大規模なサイバー犯罪が急増しています。国内でも大企業のサプライチェーン事業者や医療データのサイバー攻撃が増加しており、サイバーセキュリティ人材の育成が喫緊の課題となっています。

国のサイバーセキュリティ戦略に基づき、2022年度より、情報通信や電力など 14分野の重要インフラ事業者 に求められるサイバー攻撃への備えとしての行動計画は、責任の所在、攻撃への対応体制、緊急対応の組織作りなどが必要となり、本講座ではこれに対する基本的な対応を含め解説します。

完全に防ぐことのできないサイバーセキュリティは、事業損失や信用に直結するビジネスリスクであり、サイバー攻撃への対応は一刻を争います。そのため、ITベンダーへの委託に依存すると被害が大きくなる事もあり、まずは自社で一時対応として現状把握と初動対応を行えることが望ましいです。

講座は、サイバー攻撃の手口を理解し、攻撃の検出方法、攻撃を受けた際の調査と証拠保全方法を学ぶことで、自社がサイバー攻撃を受けた際の初動対応を実践的に身に着けられます。

14分野の重要インフラ事業者:「情報通信」、「金融」、「航空」、「空港」、「鉄道」、「電力」、「ガス」、「政府・行政サービス(地方公共団体を含む)」、「医療」、「水道」、「物流」、「化学」、「クレジット」及び「石油」

 

 【開催日程】

2022713 () 9301730 Zoomによるウェビナー形式) 

 

 【主な受講対象者】

  ・中小企業のキーパーソン(大企業のサプライチェーン事業者、病院等)

  ・重要インフラ企業のキーパーソン(複数名の受講を推奨)

  ・サイバー攻撃の手口を理解し、インシデント発生時に自社の初動対応を身に着けたい方

・事業部門において「プラス・セキュリティ」としてセキュリティの知識を身に着けたい方

    *プログラミングの知識やセキュリティに関する資格保有の有無は問いません

 【得られる知識・スキル】

・サイバー攻撃の手口の理解

・複数の監視ツールを駆使したサイバーインシデントの検出方法

・検出したインシデントの初期分析・証拠保全

・サイバー攻撃を受けた際の初動対応の方法

 

【講師】

・横濱 悠平(サイバーコマンド()取締役CTOCertified Ethical Hacker:認定ホワイトハッカー

・浦中 究(サイバーコマンド()代表取締役、(一社)情報処理安全確保支援士会 近畿担当理事

 

【実施方法】

オンライン(Zoomウェビナー)で実施します。

Zoomを使用できるPCをご用意下さい。(低速の通信回線、低スペックのPCは避けて下さい)

お申込み頂いた方には、受講用のURLを後日メールでご案内します。

1つのお申込みに対して、1名のみが受講いただけます。

 

 【全コースのラインナップと本講座の位置づけ】

  サイバーセキュリティのコースは、大きく分けて初~上級まで3段階あり、本講座は、中級Level.1です。

*初級は、6月よりe-learningで受講可能です。

*サイバーセキュリティ人材育成講座の全ラインナップの概要は以下をご参照ください。

 

 【プログラム】

メニュー

詳細

①オープニングセッション

トレーニング概要とスケジュールの説明

②ハッカーの視点とその対策

企業システムへのハッキングの手口と検出方法

③被害の実例(物理的/金銭的)

サイバー攻撃を受けた企業等の被害状況の実例の紹介

④各種ガイドライン

経済産業省とIPAが公開した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」をベースに、経営者が進めるべき重要な対策の実施手順や検討のポイント等を解説

⑤自主調査のためのツール解説、

対策の推進ロードマップ案の紹介

自社の脆弱性を自主調査するためのツール解説
サイバー攻撃の対策推進のためのロードマップ案紹介

⑥実際のサイバー攻撃と初動対応のデモンストレーション

講師によるサイバー攻撃および初動対応のデモンストレーション

⑦サマリー

1日のまとめと質疑応答

                  

 

 レベル

到達レベル

実施形態/特徴

上級

Lev.3

APT攻撃に関する攻撃ツールと対処概要を理解し、各セキュリティプロダクトのオペレーション能力やフォレンジックやインシデントレスポンス能力を身に着け、幅広い知識とスキルで自社のセキュリティ中核人材を務められる。

世界最高水準のサイバーセキュリティ教育プログラムを提供するCYBERGYM大阪アリーナ』で実際のサイバー攻撃と対応演習で実践力を習得できます。

Lev.2

○ペネトレーションテストの計画から報告までの手法が理解でき、脆弱性に関する情報収集手法や、ツールを使用したペネトレーションテストの実施ができる。

Lev.1

○複数の検出・監視ツールを駆使してサイバーインシデントを検出し、検出したインシデントの初期分析ができる。

 

 

 

中級

 


本講座

Lev.3

○攻撃用のツールを実際に操作することで、防御するための対策を検討できる。

集合研修

Lev.2

○調査と証拠保全のツールを使用し、マルウェアの発見駆除を行うことで、未知のマルウェアに対しても対応できる。

集合研修

Lev.1

○講義とデモを通じてハッカーの攻撃手順、調査・証拠保全の手法を理解し、初動対応を行える。

オンライン
(ウェビナー)

初級

Lev.3

情報セキュリティとは何か。といった基本的な知識
 を身に付け、業務を行う上での注意点に気づくこと
 が出来る

e-learningで実施。都合にあわせてWEBで期間内に繰り返し受講して効率的に学べます。

Lev.2

サイバー攻撃を受けた際に実行すべき対応につい
 て理解することが出来き、サイバーセキュリティに対
 応する業務を行う担当者に協力することができる

Lev.1

ハッカーの攻撃手法とその特徴、関連する法律を
 理解し、サイバーセキュリティに対応する業務を行
 うことができる。 
  *ISMSPマークの担当者も該当

 

経営者

Lev.2

「サイバーセキュリティマネジメント+法務+交渉」の切り口で、実践的な講義・演習を行います。実際に被害にあった場合の対応方法を習得。

集合研修で実施

経営者

Lev.1

○経営層として把握しておくべき基礎知識を学習し、善管注意義務を果たすために最低限実施しなくてはならない対応を習得。

ウェビナーで実施

  *お申込み可能なコースは、クリックして詳細をご覧いただけます。

 

 【定 員】先着30名

  *定員超過の場合は、開催日を別途設ける予定です。

   

 【申込み方法】

 別紙の参加申込書に記入の上、事務局あてに、メールでお送り下さい。

 お申し込みを受領後、請求書を送付いたします。

 30名の定員となりますので、お早めにお申込み下さい。

 

 【参加費】(税込) 参加費にテキスト(PDF)、修了証を含む。

  ・賛助会員 :54,000円/名

  ・非賛助会員:76,000円/名  5名以上ご参加の場合は、賛助会員ご入会がお得です。

 

 【キャンセルについて】

  参加者のご都合が悪い場合は、原則、代理の方がご出席ください。

 キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。

キャンセルご連絡日

キャンセル料

開催7日前~前々日
(開催当日含まず)

参加料の30%

開催前日および当日

参加料の全額

*既にお振込済みの場合は差額をご返金します。返金口座をご連絡ください。

 

 【募集期間と受講のご連絡】

 応募締切り:202278() *定員に達し次第、締め切ります。

 

  【講 師】

 【参加お申し込み】
  ・こちら にご記入の上、メールでお申し込みください。


  ・こちら からパンフレットはダウンロードいただけます。

 

 【お問い合わせ】
  (一財)大阪科学技術センター イノベーション推進室 篠崎
  メール:innovation@ostec.or.jp
  電話:06-6131-4746

その他の募集情報

お問い合わせ窓口

当センターへのお問い合わせは、お名前、ご連絡先、ご質問内容を明記の上、下記までお寄せください。
お寄せいただいたお問い合わせにはなるべく迅速な回答を心がけていますが、数日かかる場合もございます。予めご了承ください。

〒550-0004 大阪市西区靭本町1丁目8番4号
一般財団法人 大阪科学技術センター
電話 (06)6443-5316

<貸会場に関するお問い合わせ>
電話 (06)6443ー5324

お問い合わせ

プライバシーポリシー

当財団は、事業活動を通じて得た個人情報について、その適正な取扱いと管理の重要性を認識し、以下の方針に基づいて個人情報の保護に努めてまいります。

  • 1.関係法令、規範の遵守
    当財団は、個人情報の取扱いにおいて関係する諸法令及びその他の規範を遵守します。
  • 2.個人情報の取得について
    個人情報については、その利用目的を明確にして適正な手段により取得いたします。
  •                  
  • 3.個人情報の利用目的
    当財団は、取得した個人情報を次の目的の範囲内で利用いたします。                
          ・当財団が主催又は共催する事業・催事の企画、案内、会員への連絡、運営、管理
          ・当財団の賛助会員の管理
          ・当財団のビル施設の利用者に対する各種案内及び管理
          ・当財団の外部協力者(コーディネーター、アドバイザー、ボランティア等)の管理
          ・当財団の役職員の人事管理
          ・当財団事業が行う各種アンケート調査
          ・国等からの受託又は補助事業における契約事項の履行
          ・法令に基づく事項
          ・その他当財団事業において必要と認められる事項
  • 4.個人情報の第三者への提供について
    個人情報については、利用目的の範囲以外で、第三者には提供いたしません。
  • 5.個人情報の安全管理について
    当財団は、個人情報への不正アクセスや個人情報の漏洩、紛失、および改ざん等を未然に防止するため、情報セキュリティ対策など適切な措置を行います。
  • 6.個人情報保護に関する取り組みの改善について
    当財団は、個人情報保護に関する取り組みについて、継続的に見直しを行いその改善を図ってまいります。
  •                  
  • 7.個人情報の開示・訂正・削除等について
    当財団が保有する個人情報について、ご本人から開示の申し出があれば、開示できない合理的な理由がある場合を除いて、速やかに対応いたします。また、保有する個人情報の内容が事実と相違している場合等については、ご本人からの申し出等に基づいて訂正・削除等を行います。さらに、個人情報に関する苦情や相談についても対応いたします。

    ●開示、苦情、相談の申出先
       〒550-0004 大阪市西区靱本町1‐8‐4
        一般財団法人大阪科学技術センター
             総務部 個人情報担当
             TEL.06-6443-5316
             FAX.06-6443-5319

    ●訂正・削除の申出先
     当該個人情報に係るご本人が所属される当財団事業の担当までご連絡ください。

ご利用のルール・免責事項

《著作権について》

当サイトに掲載している全ての情報(記事・映像・写真・商標・イラストなどの著作物およびサイトデザインも含む)の著作権その他の権利は、特に個別の表示がない限り、一般財団法人大阪科学技術センターまたは原著作権者その他の権利者に帰属します。
著作権法で特別な定めのある場合を除き、当財団及びこれら権利者の事前の承諾を得ることなく、掲載内容を無断使用・複製・転載することをお断りします。


《当サイトへのリンクについて》

当サイトへのリンクを希望される場合には、必ず事前に当財団へご相談くださいますようお願い申し上げます。


《当財団からの損害賠償請求について》

当サイトご利用者からのメールや不正なアクセス等により、当財団に損害、損失および費用が発生した場合、これらの賠償を請求させていただくことがあります。


《免責事項》

当サイトに掲載の内容につきましては細心の注意を払っておりますが、利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為及びその結果について、当財団は理由の如何を問わず責任を負うものではありません。
また、当サイトのご利用により、あるいはご利用になれなかったことにより発生しましたいかなる損害損失につきましても、当財団では一切責任を負いません。
当サイトは、予告なしにその内容を変更し、又は削除する場合があります。あらかじめご了承ください。
当サイトから、または当サイトへリンクしている当財団以外の第三者が運営するWebサイトについて、その内容及びご利用によって発生した損害につきましては、当財団は一切の責任を負いません。