大阪科学技術館


新日鐵住金株式会社

ホームページへ

鉄のできるまで

鉄は、私たちの身のまわりで、自動車、家電製品、船、建材など、さまざまな形に姿を変えて大量に使われています。鉄はどのようにしてつくられているのでしょうか? 新日鐵住金の展示ブースでは「鉄のできるまで」をテーマに、製鉄所における力強い迫力ある製鉄の工程を、臨場感ある映像と音響を中心に描きます。


展示紹介ビデオ


チャレンジ・ヒストリー

和歌山製鉄所 シームレス鋼管工場

和歌山製鉄所 第1高炉

鉄をつくり、未来をつくる。

当社新日鐵住金株式会社は、1970年 に八幡製鐵・富士製鐵が合併して誕生した新日本製鐵株式会社と、住友伸銅場(1897年創業)と住友鋳鋼場(1901年創業)が1935年に合併して誕生した住友金属工業株式会社が、2012年に合併して新しい会社としてスタートしました。
新日鐵住金株式会社は、日本の鉄鋼業を支え、鍛え上げてきたそれぞれの力をひとつに、スケール、コスト、テクノロジー、カスタマーサービスなど、全ての面でレベルアップした、「総合力世界No.1の 鉄鋼メーカー」を目指しています。 また、新日鐵住金グループは、製鉄事業を核として、エンジニアリング、化学、新素材、システムソリューションの5事業を有する事業持株会社です。
「鉄鋼事業のグローバル化」「技術先進性の発揮」「コスト競争力の強化」「製鉄以外の分野での事業基盤の強化」 を4つの指針に掲げ、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、優れた製品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献します。