大阪科学技術館


岩谷産業株式会社

ホームページへ

くらしに役立つ水素のチカラ

水素は地球の環境と資源問題を解決する「究極のクリーンエネルギー」として、近年、世界的に注目を集めています。岩谷産業のブースでは、「水素はなぜ地球環境に良いのか?」「水素はどのように作られているのか?」「水素エネルギー社会とはどのような社会なのか?」など、水素に関する素朴な疑問について、未来の水素社会を描いたパネルと2種類のクイズコーナーで学んでいただきます。


展示紹介ビデオ


チャレンジ・ヒストリー

 

原子力機構の概要

 独立行政法人日本原子力研究開発機構(以下「原子力機構」という。)は、東京電力㈱福島第一原子力発電所事故(以下「原子力事故」という)の対応について、人材・研究施設を最大限に活用して、総力をあげた取組を行っています。また、放射線、量子ビーム等の基礎基盤分野から核燃料サイクルや核融合のエネルギー利用に係る大型プロジェクト分野まで、広い領域についての原子力に関する研究開発を総合的に行っています。


原子力機構の目指すもの

 原子力機構は、原子力の新しい科学技術や産業を生み出すため、原子力の基礎、応用研究から核燃料サイクルの実用化まで幅広い研究開発を行っている日本で唯一の原子力に関する総合的な研究開発機関です。
 原子力機構は、原子力事故への対応として、福島県内の環境回復や原子炉廃止措置に向けた技術開発等を行うとともに、「高速増殖炉サイクルの研究開発」、「地層処分技術に関する研究開発」、「核融合エネルギーの研究」、「量子ビームの応用研究」を主要事業として重点化しています。そしてそれらを進めていくために、自らの施設の廃止措置や廃棄物の処理処分、産学官の連携、国際協力、人材育成や情報の公開などにも力を注いでいます。
 さらに、原子力の安全を担保する安全研究、平和利用を担保する核不拡散に関する研究開発、これら研究開発全般の基礎・基盤となる原子力基礎工学研究と先端原子力科学研究について取り組んでいます。
 以上の研究開発を、安全確保を最優先とし、組織の総力を挙げて取り組んでいます。
http://www.jaea.go.jp/