大阪科学技術館


国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構

ホームページへ

宇宙開発最前線

今や世界のトップレベルの水準を誇る日本の宇宙開発技術。
このブースでは、日本の主力大型ロケットや、人類史上最大のプロジェクトとも言うべき国際宇宙ステーション計画に関して、模型やゲーム感覚あふれるシミュレーション装置、クイズなどを体験しながら、楽しくご紹介いたします。


展示紹介ビデオ


チャレンジ・ヒストリー

こうのとり(HTV)を搭載したH-IIBロケットの打ち上げ

こうのとり(HTV)の打ち上げとフェアリング分離

こうのとり(HTV)と「きぼう」
日本実験棟への補給

将来の宇宙ミッションへの扉を開く「H-IIBロケット」

日本はこれまで、さまざまな研究と実験を重ねながら、独自の技術でロケットを開発してきました。なかでもH-IIAロケットは、信頼性の高い大型主力ロケットとして、各種の人工衛星を打ち上げるミッションを支えてきました。このH-IIAロケットの打ち上げ能力を高め、国際宇宙ステーション(ISS)や月面への物資輸送など、将来のミッションへの可能性を開く新しいロケットが、H-IIBロケットです。H-IIBロケットの主要な目的は二つあります。一つは、ISSに宇宙飛行士の生活に必要な物資、ISS内の定期交換機器、実験装置・実験用サンプルなどの研究用資材を運ぶ、宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)を打ち上げることです。
もう一つの目的は、H-IIAロケットとH-IIBロケットを併せて運用することにより幅広い打ち上げニーズに対応することです。また、高い打ち上げ能力を活かして複数の衛星を同時に打ち上げることでコストの削減を図り、わが国の宇宙産業の活性化に貢献します。
※ISS : International Space Station
 HTV : H-II Transfer Vehicle